イチゴカラー

1剤:2剤=1:5(イチゴ)の混合比が奇跡をおこします。

ワンタッチでムラなく明るく染まり髪へのダメージを最小限に押さえてくれる特許取得済のまったく新しい白髪染めをご紹介します。

このようなお悩みがありましたら、これからご紹介する白髪染めのイチゴカラーはお役にたてるかもしれません。

お客様・サロンからの不満

 

・明るい色に染められない

・髪のダメージが大きい

・頭皮のダメージが大きい

・在庫が多くなる

・色持ちが悪い

・刺激臭が強く気分が悪くなる

①明るく白髪が染まる

②毛髪へのダメージが少ない

③皮膚へのダメージが少ない

④色持ちが良く変色しにくい

⑤臭いがほとんどなく不快にならない

⑥省資源・省スペースで経費削減が可能


イチゴカラーとは・・・明るくしっかり綺麗に染まる白髪染めです。

イチゴカラーは

🍓イチゴ色には染まりません。

🍓イチゴの香りはしません。

🍓イチゴが入っていません。

 

従来の白髪染めは1剤:2剤の混合比率ですが、イチゴカラーは、1剤2剤の混合比率の1:5(イチゴ)の意味です。

 

 

 

イチゴカラーの 大きな特徴は…

 

🍓明るくしっかり綺麗に染まる。

🍓毛髪や頭皮のダメージが少ない。

🍓色持ちが良く変色しにくく、さらににおいがほとんどなく店でも長い施術中に不快にならない。

 

などなど、いいことづくめの白髪染めです。

 

ダメージが少なくて、おしゃれ染めみたいな白髪染めが楽しめます。

 

従来のヘアカラーでは1剤と2剤の混合比率が1:1が常識とされていましたが、1:5で使用することからイチゴカラー(1・5カラー)と名付けられました。

 

なぜ、1剤と2剤の混合比を1:5にしたのでしょうか?

 

1剤と2剤では、黒髪をブリーチする効果のある2剤の割合が多いほうが髪を明るく均一に染めることができます。

それで混合比1:1から1:10までテストした結果、1:10では1剤が少なすぎ使い勝手が悪いことや1:5でも1:10でもブリーチ力がほぼ同じであることから1:5がベストであるという結果となりました。

 

 

次世代 白髪染めイチゴカラーの特徴

🍓しっかりと明るく白髪が染まります。



従来の白髪染めは、髪の毛を明るく染めることができずに黒髪になってしまいますが、イチゴカラーは2剤を1剤に対して5倍の比率で使用するために、白髪が早く染まることはもちろん黒髪がブリーチされること(そもそも2剤には黒髪をブリーチする力がある)により、黒髪も白髪も明るいトーンになり全体を明るく均一に染めることが可能となります。


🍓いたみにくい・しみにくい・におわない

イチゴカラーは、毛髪のダメージ・頭皮の刺激・カラーの臭いを最小限におさえます。

これまでのカラー剤と比べて、1:5の混合時約7割もアルカリとジアミンの量を減らすことができました。頻繁に白髪染めを繰返す方にも、自信をもってオススメできます。

①いたみにくい

・・・毛髪のダメージが少ない

 

2剤の比率が高いと髪の毛を傷めると思われる方も多いようですが、髪が傷む原因は1剤に含まれるアンモニアです。

アンモニアは揮発するので比較的安全なのですが、アルカリ性なので髪のキューティクルが浮いてしまい髪の毛が傷みます。

その反面2剤は酸性ですので、髪の毛のダメージはほとんどありません。

イチゴカラーは混合時ダメージの原因となるアルカリ剤が従来のカラー剤に比べて大幅に少なくなっています。お客様の髪を傷めることなく、きれいな髪を保ったまま、安心して白髪染めをすることができます。

 

②しみにくい

・・・頭皮へのダメージが少ない

 

頭皮への刺激に関しても髪の毛と同じで、主な原因は酸性である2剤ではなくアルカリ性である1剤のアンモニアです。イチゴカラーは1剤と2剤が1:5なので1剤のアンモニアだ5倍に薄まります。

したがって塗布におけるアンモニアの濃度が少なくなり髪への影響とともに頭皮への刺激も少なくなるのです。

皮膚への刺激を調べるパッチテストです。(茶:1剤、白:2剤)ご覧のとおり、赤丸の部分の茶のアルカリ部分の方が皮膚が赤くなっており刺激が強いことが見てわかります。

③におわない

・・・カラー臭がほとんどなく不快にならない

 

臭いの原因は1剤のアンモニア臭です。混合時、臭いの元となるアルカリ剤が少ないので、不快な臭いも少なく、快適に白髪染めを受けていただくことができます。周りのお客様にも迷惑がかかりません。

イチゴカラーは1剤と2剤が1:5なので1剤のアンモニアだ5倍に薄まります。臭いも同様に薄まるためにいやなアンモニア臭はほとんどありません。

 

🍓トリートメント効果があります。

イチゴカラーの2剤はトリートメント処方をベースにしています。施術中の30分間トリートメントをしている状態になりますのでトリートメント効果も優れています。

 

🍓色持ちが良く変色しにくい

 

イチゴカラーの1剤にはニトロ染料のような直接染料が入っていません。そのため色持ちがよく、褪色した時の変色もほとんどありません。


イチゴカラーはどこがどう違うの?

イチゴカラーの混合比率1:5の染毛メカニズム

     通常のカラー剤の混合時

      イチゴカラーの混合時


 

混合時 120gの場合(1:1混合比)

1剤=60g(アルカリ・ジアミン)

2剤=60g


アルカリが多い   ●過酸化水素少ない

●毛髪の膨潤が多い  ●発色が安定しない

●ダメージが出やすい ●トーンが上がらない

●刺激が多い

 

 

混合時 120gの場合(1:5混合比)

1剤=20g(アルカリ・ジアミン)

2剤=100g


アルカリが少ない   ●過酸化水素多い

●毛髪の膨潤が少ない  ●しっかり発色

●ダメージが出にくい  ●トーンが上がる

●刺激が少ない

 



🍓イチゴカラーは混合時、従来のカラー剤と比べて1剤の量が少ないので

 

※アルカリ剤が少なくなり傷みにくくなります。(低ダメージ)
混合時、ダメージの原因となるアルカリ剤が従来のカラー剤に比べ大幅に少なくなっています。
あなたの髪のダメージを少なくして綺麗な髪を保ったまま、安心して白髪染めをすることができます。
 
※アルカリ剤が少なくなりしみにくくなります。(低刺激)
混合時、刺激となるアルカリ剤が従来のカラー剤より大幅に少ないので、頭皮へのダメージも少なくなり ます。
皮膚が弱く頭皮が敏感な方でも、快適な白髪染めをすることができます。
※アルカリ剤が少なくなり臭いが気になりません。(低カラー臭)
混合時、臭いの元となるアルカリ剤が少ないので、不快な臭いも少なく、快適に白髪染めをしていただくことができます。
 
相対的に混合時の酸化染料のジアミン量も少なくなり、ジアミンの影響も軽減されます。
  
🍓イチゴカラーは混合時、従来のカラー剤と比べて2剤の量が多いので
※黒髪のトーンが上がります。
混合時、2剤の過酸化水素の力が高まるので、少ないアルカリ剤の量でもブリーチされてトーンが上がります。まわりの黒い髪は明るく茶色になっていきます。
※染料が早くしっかり発色します。
混合時、2剤の過酸化水素の力が高まるので、少ないジアミン色素の量でもしっかり発色させます。
白髪部分の白い髪は明るく茶色になっていきます。
⇒だから、黒い髪はしっかり茶色になり、白い髪もしっかりも茶色になっていき、白髪も黒髪も均一にしっかり明るく染まっていきます。ここが他のメーカーとは違うところです。

従来のカラー剤を1:5で混合してもイチゴカラーと同等の効果を生み出すことはできません。

イチゴカラーは1:5用に作られたカラー剤だからこそ、このような結果が出ます。

🍓このような染毛メカニズムですので・・・

黒い髪はしっかり茶色になり、白い髪もしっかりも茶色になっていき、白髪も黒髪も均一にしっかり明るく染まっていきます。


1:5の混合比率だからできる新感覚の白髪染めです


イチゴカラー商品の特徴

イチゴカラー1剤

●染料 

1高濃度(濃度調整)してあります。

2全商品ニトロ染料などの直接染料は入っていません。

        ⇓

混合時一般的なカラー剤の1/3の染料(1:5混合のため)でも高濃度(濃度調整)のため、しっかり染まります。

また、ニトロ染料などの直接染料を使用してない分、色のもちもいいし褪色した時の変色などもほとんどありません。

 

●アルカリ剤

アンモニア以外に複数のアルカリ成分を配合してあります(特許処方)

        ⇓

混合時一般的なカラー剤の1/3のアルカリ量(1:5混合のため)でも、十分な発色をする処方で作られています。

 

※1/3の表現は120gを作るのに通常は1剤60g+2剤60gですが、イチゴカラーの場合、120g作るのに1剤20g+2剤100gとなり、1剤を比べた時に通常のカラー剤60gとイチゴカラー20gでは1/3の量となります。

 

独自のアルカリ処方

少ないアルカリでもたくさんの染料を発色させられる処方です。

これは、アンモニア以外に複数のアルカリ成分を上手く配合することで混合時一般的なカラー剤の1/3のアルカリ量で、十分な発色ができるようになっています。

 

この処方は2014年特許を取得しました。

イチゴカラー2剤

●過酸化水素 6%

 

トリートメント成分が多くなっていて、トリートメント処方がベースになっています。

 

※放置時間を利用してのコンディショニング効果を高める+適度な粘度を出すため。


このように1:5混合用に作られた専用商品ですので、イチゴカラーは明るくしっかり綺麗に染まり、仕上がりもいいのです。カラー剤ではめずらしい特許取得商品となります。

 


イチゴカラーを使うメリット

①しっかりと明るく白髪が染まる

イチゴカラーは特許を取得した最新の染毛メカニズム採用で、8レベル以上でもうかないで明るく白髪と黒髪を均一にしっかりと染めます。

「白髪染めをしたいけど髪は明るくしたい!」というお客様の髪を綺麗に明るく染める事ができます。

②毛髪へのダメージが少ない

イチゴカラーはダメージの原因となるアルカリ剤が従来のカラー剤に比べ大幅に少なくなっています。

お客様の髪を傷めることなく、綺麗な髪を保ったまま、安心して白髪染めをすることができます。

 

③皮膚へのダメージが少ない

刺激となるアルカリ剤が従来のカラー剤よりも大幅に少ないので、頭皮のダメージも少なくなります。

皮膚が弱く頭皮が敏感なお客様にも快適な白髪染めを提供することができます。

 

④色持ちが良く変色しにくい

イチゴカラーの1剤にはニトロ染料のような直接染料が入っていません。

そのために色持ちが良く、褪色したときの変色もほとんどありません。

 

⑤臭いがほとんどなく不快にならない

臭いの元となるアルカリ剤が少ないので、不快な臭いも少なく、快適に白髪染めを受けていただくことができます。周りのお客様にも迷惑がかかりません。

 

⑥エコロジー

36人用あたりの容積は従来のヘアカラー1剤を60gに換算した場合、イチゴカラー1剤は容量約3分の1、紙類の包装資材の量約10分の1、アルミ約5分の1となります。

省スペース、省資源、ゴミの減量化で環境に大きく貢献します。


新美容出版の薬剤・ケミカル情報誌「マルセル」で効果は実証済  

2014年9・10月号に掲載



イチゴカラーはダメージが少なくよく染まり、かつ、しみない良いことづくめのカラー剤と言えるでしょう。ぜひ、白髪染めで不満や不安がある方はイチゴカラーをお試しください。

きっと満足していただけるものと思います。

イチゴカラー色味

■イチゴカラー第1剤 NET.120g【医薬部外品】

(ナチュラルブラウン系・5色・ライトナー)

 BK1 / NB5 / NB6 / NB7 / NB8+ 

 L(明度調整用)

 

■イチゴカラー第2剤 NET.900g【医薬部外品】

 OXY6%

もちろん明るい色味の8トーンだけでなく、5トーン、6トーン(暗めの色味)、7トーンもあるので安心。

暗めの色味でも、混合時1剤が少なくなることでアルカリやジアミンの影響が少なくなり、傷みにくく(低ダメージ)、しみにくく(低刺激)、臭いにくく(低カラー臭)なります。

 

パーマや白髪染めの繰り返しで髪が細くなっていく方にも喜ばれています。

 


イチゴカラー動画


イチゴカラー価格

美容室専売品となりますので、サロン様専用ページで公開しています。

パスワードを発行しますので、お手数ですがパスワード発行をお問合せください。


イチゴカラー臨店講習

コロナ感染防止のためにお店にお伺いしての臨店講習はすべて中止させていただいてます。Zoomオンライン講習をご利用ください。


イチゴカラーメーカー株式会社ミューズ研究所公認講師が直接お伺いしてイチゴカラーの基本をしっかりお伝えします。

もしあなたが本気で、明るくしっかり染まる、そして髪や頭皮へのダメージが少ない白髪染めをお探しなら、イチゴカラーの無料臨店講習を今すぐお申し込みください。(大変申しわけありませんが、正しくお使いいただきたいために、サンプルの配布はしておりません。)

 

実際に講習してみて、気に入らなければ注文の必要はありません。

その場合でも、講習費用は一切いただきませんのでご安心ください。

 

まずは、あなたのお店で直接、イチゴカラーを体験してください


 

 

Zoomオンライン臨店講習申し込みはご気軽にこちらからどうぞ