染毛メカニズム

 カラーが明治38年(1905年)に誕生してから、ずっとカラーの混合比は1:1です。

その間何の変化もなく、ここ30年はカラーの価格も変化なく今日まできました。

今ここにカラーの考えをリセットしていただき、大切なお客様のために貴店でしか体験できない技術をご提案いたします。

最小限の毛髪の傷み・最小限の刺激・最小限の臭い

おして、最大限の明るさの白髪染めを追求した結果は混合比1:1ではなく1:5となりました。

1剤:2剤=1:5(イチゴ)の混合比で今ままで不可能とされていた8レベル以上がしっかり染まります。明るく白髪を染めたいと願うお客様のニーズに十分応えられるカラー剤です。

特許を取った新テクノロジーの染毛メカニズムを採用。カラーの定着率がいいので、しっかり染まり褪色が少なくなります。

なぜ、イチゴカラーの1剤:2剤=1:5だとよいのでしょうか?

混合比1:5で作るので1剤のアルカリの影響が少なくなるために、レスダメージで、さらに過酸化水素の力を100%引き出します。

だから、キレイにブリーチし鮮やかに発色する明るい白髪染めを可能にしたのです。

従来のカラー剤を1:5で混合してもイチゴカラーと同等の効果を生み出すことはできません。

特許を取得した最新の染毛メカニズムだからこそ可能となりました。


イチゴカラー商品の特長

独自のアルカリ処方

少ないアルカリでもたくさんの染料を発色させられる処方

これは、アンモニア以外に複数のアルカリ成分を上手く配合することで混合時一般的なカラー剤の1/3のアルカリ量で、十分な発色ができるようになっています。

この処方は2014年特許を取得しました。

イチゴカラー1剤

●染料  1.高濃度にしてあります。

    2.全製品ニトロ染料などの直接染料は入っていません。

       ↓

一般的なカラーの1/3の染料でもしっかり染まり、直接染料を使用してない分、色の持ちもいいし褪色したときの変色などのほとんどありません。

 

●アルカリ剤 アンモニア以外に複数のアルカリ成分を配合しています。(特許処方)

               ↓

       

一般的なカラーの1/3のアルカリ量で、十分な発色をする処方で作られてい ます。

1/3の表現は120g作るのに通常は1剤60g+2剤60gですが、イチゴカラーの場合120g作るのに1剤20g+2剤100gとなります。

1剤を比べた時に通常のカラー60gとイチゴカラー20gでは1/3の量となります。

イチゴカラー2剤

●過酸化水素 6%

  ↓

コンディショニング成分が多くなっています。

このような商品だから、イチゴカラーは混合比1剤:2剤=1:5でもよく染まるのです。


イチゴカラー混合時

●イチゴカラーは混合時、従来のカラー剤と比べて1剤の量が少ないので

※アルカリ剤が少なくなりしみにくくなります。(低刺激)

※アルカリ剤が少なくなり臭いが気になりません。(低カラー臭)

※アルカリ剤が少なくなり傷みにくくなります。(低ダメージ)

相対的に酸化染料のジアミン量も少なくなります。

 

●イチゴカラーは混合時、従来のカラー剤と比べて2剤が多いので

※黒髪のトーンが上がります。

※染料が早く発色します。

⇒白髪も黒髪も均一にしっかり染まります。

イチゴカラー染毛メカニズム

1剤:2剤混合比が1:5のイチゴカラーは混合時の1剤のアルカリ剤や酸化染料が少なくても独自のアルカリ処方で十分な発色が実現。

また2剤の酸化剤(過酸化水素)が多くなることで黒髪のトーンが上がり染料が早く発色します。だから、白髪も黒髪も均一にしっかり染まります。

 

また、混合時1剤が少なくなることでアルカリやジアミンの影響が少なくなり、傷みにくく(低ダメージ)、しみにくく(低刺激)、臭いにくく(低カラー臭)なります。

白髪にも黒髪にもすぐれた均染力を発揮します。

イチゴカラーはダメージが少なくよく染まり、かつ、しみない良いことづくめのカラー剤と言えます。


イチゴカラー臨店講習

イチゴカラーメーカー株式会社ミューズ研究所公認講師が直接お伺いしてイチゴカラーの基本をしっかりお伝えします。

明るくしっかり染まるイチゴカラーの無料臨店講習を今すぐお申し込みください。(大変申しわけありませんが、正しくお使いいただきたいために、サンプルの配布はしておりません。)

 

実際に講習してみて、気に入らなければ注文の必要はありません。

その場合でも、講習費用は一切いただきませんのでご安心ください。

 

まずは、イチゴカラーを体験してください。

臨店講習お申し込みはこちらからどうぞ