高電解処理水によるパーマウェーブ効率実験

『パーマ剤にアルファビューティーの高電解水を使用しウェーブ効率の実験をしました。』

ウェーブ効率の実験
写真の右側半分は、「チオ系コールド 原液40cc」を使用。
左側半分は、「チオ系コールド液に高電解水20%の割合で混合したもの 40ccを使用。
ほぼ同時に付け巻きにてワインディングをおこない、10分間キャップのみで自然放置しました。
放置タイム終了後、中間水洗を行いブロム酸系の2液を塗布し5分放置しました。
左側半分のみ、中間水洗及び2液の塗布前に高電解水を塗布しました。
2液放置タイム後ロットアウトした状態です。リッチやウェーブの弾力など、ほとんど変わらないといってよい結果でした。
もちろん、ドライ後もほぼ左右変わらないリッチの形状となりました。
比較例として、通常の‘水道水’との違いも実験してみました。』

写真右側「チオ系コールド液に水道水を20%の割合で混合したもの」を使用。
同じ工程で施術を行い比べてみました。  
写真左側(チオ系コールド原液使用)と比べると、水道水ではあきらかにウェーブがダレている状態がご理解頂けると思います。

上記の実験結果により‘高電解処理水’によって、パーマ剤の使用量を削減しても、同様の効果 が発揮されることや、‘通常の水道水’との違いをご覧いただけたと思います。

また、その他のメニューによっても多様な使用方法により、現在ご使用の薬剤の効果を高めたり、コストの削減を実現いただけます。

上記の実験内容につきましては、高電解水の比較実験を目的としたウィッグでの施術方法です。実際の使用方法とは異なる点や、毛髪の状態により結果が異なる場合がありますので予めご了承ください。