アルファコンクシャンプー(美容室専売品・業務用)

パーマ・ストレート・縮毛矯正・クリープ・おしゃれ染め・白髪染め・もちろんイチゴカラーを含め様々なメニューを、よりハイレベルでハイクオリティーの仕上がりへ導くために商品の開発を行い今ここに誕生しました!

アルファコンクシャンプー&アルファミルクコンディショナーのおすすめポイント

パーマ・カラーはどんなにダメージレスのものでも、ゼロではありません。

特に白髪染めは、白髪が少しでも目につくと気になるもので施術頻度が上がります。毎月のように長く白髪染めに来店されるお客様の頭皮・髪のダメージはプロの皆様はお気づきの事と思います。

それをゼロに近づけるためにアルファウォーターシステムの必修アイテムとしてご用意したのがアルファコンクシャンプー・アルファミルクコンディショナーです。

アルファビューティー専用シャンプー

アルファウォーターシステムの必須アイテムです。

アルファコンクシャンプーの特長

①あらゆる性質の水にも対応した濃縮タイプシャンプーです。安定した泡立ちと洗い上がりを実現しました。

②天然由来の髪・頭皮に優しいアミノ酸洗浄剤を基材(ベース)に防腐剤にまで天然由来を使用したこだわりです。

③世界有数のオーガニック認証機関『エコサート』の認証を受けた髪・頭皮をケアするオーガニック天然エキスをたっぷり配合しています。

 

④フルボ酸をはじめアミノ酸他、数多くの天然成分で髪・頭皮を更にサポートします。

⑤生分解性も高く環境にやさしいシャンプーです。

 


このやさしい成分を濃縮してアルファ1&2の力でカバーする画期的なシャンプーです。

アルファビューティーから生成される水のイオンの力とマッチングする事により、天然由来成分の力にプラスαを加える事に着目しました。
アルファビューティーの力と融合させてシャンプーの洗浄力とコンディショ二ング力を200%に引き出せる事で天然にこだわり抜いたエムティー独自のシャンプー、コンディショナーが実現出来たのです!

このアルファ水、アルファコンクシャンプー、アルファミルクコンディショナー、ソーマオイルを使用して最高の仕上がりをお客様に提供するのがアルファウォーターシステムです。

アルファコンクシャンプーとアルファミルクコンディショナーはなぜ必要?

A.髪、頭皮のストレスを限りなく軽減する事を限りなく追い求めた天然由来成分とフルボ酸を苦心して何度も試作して完成させたこれからのサロンワークには不可欠なアイテムです。


B.弊社が推奨するアルファビューティーで希釈して使用する事でさらに驚く仕上がりが待っています。


C.今絶好調のイチゴカラーといえど髪に負担がゼロではありません。
その負担を限りなくゼロに近づけ、仕上がりをランクアップさせお客様の来店頻度を高めるアイテムです。

既に採用していただいているサロン様では必要不可欠なアイテムとして大活躍!だから…
アルファビューとイチゴカラーと組み合わせてアルファウォーターシステムを推奨しているのです。


混合方法

プレシャンプー用

①アルファコンクシャンプー50%+アルファ1(高電解アルカリ水)

50%でプレシャンプー用のシャンプーを作ります。

●アルファ1(アルカリ)によりやさしい洗浄力をカバーします。

●アルファ1で作る泡はモチモチの力強い泡となります。

●サロン用シャンプーの必須条件の泡切れも抜群です。

アフターシャンプー用

①同じくアルファコンクシャンプー50%と高電解酸性水のアルファ2(高電解酸性水)50%でカラー時のシャンプーに使用するアフターシャンプーを作ります。

●アルファ2で作る泡は、含まれる酸素で泡が立ちやすくなり泡の力でやさしく洗い上げます。弾力のある泡が出来上がります。

●やはり、泡切れも抜群です。


使い方

○プレシャンプーではアルファ1を混合

毛髪や頭皮にやさしい洗浄力をアルファ1のアルカリの力でカバーします。また、次の工程の前処理時にアルファ1の作用を高めます。

 

 

 

○カラー等のアフターシャンプーにはアルファ2を混合

毛髪や頭皮にやさしい洗浄力を泡の力でカバーします。また、次の工程の後処理時にアルファ2の作用を高めます。

このような泡立ちが実現しました。

アルファ1とアルファ2では泡の性質が違うのも実感できます。泡切れも抜群です。

 


アルファコンクシャンプー成分解説

1.   洗浄剤:洗浄力は決して強いとは言えませんが、石油系・合成の成分ではなく髪・頭皮に近い成分を使用し髪・頭皮のケアを考えた天然由来成分で生分解性(自然に帰る)を考えた成分配合です。

デシルグルコシド      
非イオン性界面活性剤(ノニオン性界面活性剤)。植物由来で低刺激。起泡性も優れており、潤いを残しながら洗浄することができる。かなり高機能だがその分コストも高い。アメリカでは乳児用に良く使われる洗浄剤です。
ココイルメチルタウリンNa ココイルメチルタウリンNaは、アニオン(陰イオン)合成界面活性剤。ココイルはヤシ油脂肪酸、タウリンは牛の胆汁に多いアミノ酸に似た物質で洗浄剤として使用される。泡立ちがよく、手肌の汚れをとる目的で石けんなどに配合されています。
プロパンジオール 植物デンプンを発酵させ得られた無色グリコール(1,3-プロパンジオール)です。 2008年に欧州のオーガニック認証である『ECOCERT』を取得した安全性の高い100%植物由来原料です。
コカミドプロピルベタイン 天然のヤシ油から酵素分解で得られたヤシ油脂肪酸と、クコやサトウ大根に多く含まれるベタインとを結合させて作られるベタイン型の両性界面活性剤。ヤシ油とはココヤシの種子(ココナッツ)から採れる油のことで、その脂肪酸はラウリン酸が約50%、ミリスチン酸が15~20%、パルミチン酸が約10%と飽和脂肪酸(飽和脂肪酸は炭素同士の結びつきに酸素が割り込んでくることが少なく、従って酸化が起こりにくい安定した性質を持っています。)が多くなっています。洗浄力が強く、殺菌作用・毛髪の柔軟効果があります。刺激性はほとんどなく、起泡力・刺激緩和効果・コンディショニング効果など総合的な性能に優れ、保湿力も高く仕上がりにしっとり感を出し、特に損傷毛をしっとりとまとまりやすくします。パーマやカラーリング後のPhコントロールにも適しています。
ココイルリンゴアミノ酸Na リンゴ果汁から抽出したアミノ酸洗浄剤です。起泡力に優れ濃密でソフトな泡立ちが特徴です。  

2.   髪・頭皮をケアし健やかに潤いを持たせるためのオーガニック天然エキス(エコサート認証)

ツボクサエキス      
ツボクサ(Centella asiatica)は世界三大医学であるインドのアーユルヴェーダに使用されるハーブで、中国でも全草を薬用に使用されます。滋養強壮・鎮静作用・免疫機能の改善・血管拡張などの効果があり、長寿薬としての文献も数多く出されている。近年ではコラーゲン・エラスチンの合成促進効果も認められています。
オウゴン根エキス 黄金花(Scutellaria baicalensis)はミントと同じ族であり、根の部分が鮮やかな黄色をしていることが名前の由来です。この植物の根は中国の数多くの漢方で使用されており、使用される頻度の高い生薬です。フラボノイド類(バイカリンやオウゴニン)やステロイド類を含有し、保湿、湿潤剤、収れん、消炎、抗炎性、消臭、抗酸化性、抗菌、抗アレルギー、チロシナーゼ阻害、紫外線吸収、細胞賦活、代謝促進効果が挙げられています。
イタドリ根エキス
イタドリ(Polygonum cuspidatum)は抗酸化や抗炎症・鎮静効果をもっていることで知られています。若葉を揉み込んで傷口にあてると止血効果があり、痛みも和らいだことが「イタドリ」の由来とされています。強抗酸化剤として知られるレスベラトロールや有機酸・糖類・タンニンなどを含有します。
カンゾウ根エキス
スペイン甘草(Glycyrrhiza glabra)は西洋、東洋文化ともに数千年以上も昔から薬として使用されています。そもそもは鎮痛薬や去痰薬・咳止め・軽い便秘薬として使用されていました。甘草はグリチルリチンを含有しており、エストロゲン作用やアルドステロン様作用・抗炎症(コルチゾール様作用)・抗アレルギー・抗菌・去痰薬・咳止め等・多くの薬理作用が実証されていることが知られています。
チャ葉エキス
お茶の原料として知られるツバキ科ツバキ属のチャ(Camelliasinensis)は、カテキンやカフェイン・ビタミンC・アミノ酸(特にテアニン)などを含んでいます。それら成分は抗酸化作用や収斂作用・殺菌作用・消臭効果・抗炎症作用・デオドラント効果など幅広い効能を持ちます。昔は薬用を目的に飲用されていました。
ローズマリー葉エキス ローズマリーエキスは、シソ科の植物であるマンネンロウの葉、花びらから抽出した芳香性のあるエキスです。主な成分としては、精油成分、フラボノイド、ロスマリン酸、タンニンといったものを含んでいます。抗菌性抗酸化効果消炎効果収れん効果に優れているので、ニキビ、肌あれ、アンチエイジングを目的にした化粧品に配合されている他、育毛作用も期待でき、脱毛、フケ予防目的でも配合されています。また、保湿、刺激効果もあり、皮膚コンディショニング剤や緊張剤としても使われています。京都大学による最新の研究では、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどを生成する力を高める効果もあるということが判明し、一躍脚光を浴びました。これは、ハリを与え、肌をみずみずしく蘇らせる効果が期待できると言うことです。
カミツレ花エキス カモミール(Matricaria recubita)は4千年以上も前からバビロニアで薬草として使われていたといわれ、ヨーロッパでは最も歴史のある民間薬とされています。抗酸化と抗炎症効果に加えて、発癌抑制があるとも報告されています。
BG 通常天然植物エキスを抽出する際には石油系のBG(ブチレングリコール)が使用されますが、植物を主原料としたBGを用いオーガニック認証(エコサート)を受けています。

3.   髪・頭皮と同質の天然ケア成分

ココイル加水分解ケラチン      
表皮の角質層や毛髪・爪などに含まれるたんぱく質であるケラチンは、イオウを含むアミノ酸の死す陳が大量に含まれています。シスチン結合を切断して酸・アルカリ・酵素などで加水分解したもので、髪等に非常になじみやすく保湿性も高いのが特徴です。
グリコシルトレハロース
トウモロコシ由来の多糖類で、保湿効果に優れています。また、細胞賦活作用、細胞保護作用、紫外線による細胞ダメージの保護作用など、複数の働きが認められています。
加水分解水添デンプン
酵素反応させたデンプンに水素を添加して得られたもので、保湿を目的に使用されます。また、抗炎症、肌荒れ抑制・防止、肌や髪の感触を良くするために、グルコシルトレハロースと併用した形で用いられます。
ベタイン
植物から抽出されるアミノ酸系保湿成分。グリシンのトリメチル化誘導体で、無色無臭の液体、水溶液。吸湿性と保湿性が高く、浸透性に優れ、髪や肌に柔軟・弾力性とうるおいを与える。髪に吸着しやすく、またマイルドな洗浄効果、静電気の帯電を防止する効果があります。  

4.   髪・頭皮をケアする成分を補足し、なおかつ抗酸化力の強い注目の成分フルボ酸

フルボ酸      
自然界に存在する高分子有機酸。分子構造上、保湿作用・抗酸化作用の他、美白効果や他の成分や水分浸透作用の補助が期待できます。元々自然界に存在する貴重な資源ゆえ限りない可能性を秘めた腐植酸。カレリア地方の樹木から抽出した高純度・高含有のバオバブエキストラでフルボ酸としてINCIコード取得した唯一の原料です。  

BAOBAB EXTRAのフルボ酸を使用

アルファコンクシャンプーは、カレリア地方の樹木から抽出した高純度・高含有のバオナブエキストラでフルボ酸としてINCIコード取得した唯一の原料を使用しています。

5.   髪が失いがちな油分も自然派の油分で補充

カプリル酸

グリセリル      

ヤシ油脂肪酸のカプリン(カプリル)酸とグリセリンから作られた油性成分で、皮膚への油分補給が目的で配合されます。天然油脂に比べて酸化安定性に優れ、粘性が低く融点が体温に近いのでよく延びて感触が滑らか。他の原料との相溶性が良く、各種化粧品や軟膏のエモリエント剤や油性基剤として広く使用されています。
エチルヘキシルグリセリン
エチルヘキシルグリセリンは、湿潤性があり、保湿性が優れているので、乾燥を防ぎ潤いを与えます。 消臭作用があり施術後の消臭に一役担います。  

6.   合成防腐剤ではなく防腐剤まで天然にこだわりました。

乳酸桿菌/(オウゴン根/チャ葉/ヨモギ葉/ドクダミ葉/ユズ果実

      

5種の植物の抽出物を乳酸菌などの特定菌を用いて醗酵代謝させて得られた醗酵代謝産物とヒマシ油の混合物。細菌・真菌に対して幅広く高い抗菌性を持ちます。  

アルファコンクシャンプー・アルファミルクコンディショナーのよくある質問です。

Q 天然由来成分は分かりますがコストが上がりませんか?

A 決してコスト高にはつながらないと思います。

商品の価格はどちらも1㍑でなんと!直販だからできるサロン価格に設定しています。

ただ文字通りコンク=濃縮シャンプーですので希釈して使用しますのでコストは微増程度で済みます。

アルファミルクコンディショナーはミルクのような仕上がりをイメージし少量で潤いを与えます。
イチゴの香りでイチゴカラーにはピッタリ!

カラーのお客様のダメージを限りなく軽減しますので、来店頻度を高めます。

→売上UP

カラーをはじめすべての施術のクオリティーを高めますので、顧客囲い込みの強い味方になります。

→顧客満足度を上げ、安定した売り上げ維持します。

アルファビューティーから生成されるアルファ水での希釈で最大限の力を発揮します!


価格

美容室専用業務用商品となりますので、価格、ご注文等は

サロン様専用ページ(パスワードが必要)よりご覧いただけます。