営業・講習ブログ

イチゴカラー講習・美容室結女様

地元も地元の美容室結女さんでのイチゴカラー講習。

今年、開店29周年おめでとうございます。いつも花いっぱいのお店に、ささやかな花をお祝いに持って行きました。


早速イチゴカラー講習にうつりますが、まずはいつもの髪芝居を使い、イチゴカラーの特長をしっかり頭に入れてもらいます。

施術前にイチゴカラーの特長、放置時間を利用してさらに詳しい説明をします。

 

出来上がりの薬剤は1:1のカラー剤と同じ量ですが、イチゴカラーの場合1剤が少ない分、アルカリやジアミンの影響が少なくなり、大切なお客様の髪が傷みにくく、頭皮がしみにくく、臭いも軽減されます。さらに2剤が多い分、過水の力が高まるので明るくしっかり染まり、8レベルでも浮かないのがイチゴカラーの人気の秘密です。


今回は、シンプルにイチゴカラーの良さを分かってもらいためにスタッフさんにNB-8単品で染めます。

混合は2液から先に入れて、その後に1剤を入れる方がしっかりと混ぜることができ混ざりムラが少なくなります。あとはしっかり大きめなマドラーでよく撹拌してください。




イチゴカラーを塗布していきます。

基本ドライヘアに塗布。染まりづらい部分や色を入れたい部分から塗布していきます。今されている白髪染めの塗布テクニックでOKです。

毛先に吸い込みが考えられるときは、時間差でウェット状態にしてからコーミングで薬剤を伸ばしていきます。


塗布後に、キャップ・ラップをかけて自然放置(20~40分・平均30分)

NB-8をしっかり入れたい時は、40~45分放置。

また、自然放置30分が基準となりますが、タイムが早いと赤みが強く出る場合があります。(カッパー色)

赤みはBK-1で調整します。(例:1剤 19g+BK-1 1~2g)

また、もう少し明るくしたい場合は、ライトナーで調整します。(例:1剤 19g+ライトナー1~2g)

タイム後にカラーチェック。理想の明度・彩度になっているかを確認します。

シャンプーもしっかり乳化して、よく濯いでからアフターシャンプーとトリートメント(極力少なめ)をします。

ここで、アルファ2の高電解酸性水を使用すると、さらにいい仕上がりとなります。

うかないでキレイに明るく染まりました。

「えっ、白髪どこにあったっけ?」との声が出るほどです。

一緒に参加された先生のお友達も、その結果に納得。

翌日、結女さんと同じくイチゴカラーを注文いただきました。ありがたいことです。

 

今回が、イチゴカラー臨店講習の基本的なやり方です。ご希望のサロンさんは御遠慮なく講習依頼を出してくださいね。

 

今回も長くなりました。最後までご覧いただきありがとうございました。

0 コメント

イチゴカラー講習

先日、すでにイチゴカラーを入れていただいている先生の紹介で15名のサロンオーナーが集まってのイチゴカラー講習でした。

皆さん、いろんなパターンで試してみたいと6パターンの染め方で大忙し!

まずは、髪芝居でイチゴカラーの開発秘話・特長・1:5混合用に作られたカラー剤の内容・応用編などをしっかり説明。


順番にご紹介していきます。

①まずは、イチゴカラーNB-7単品・放置時間30分です。

こちらの先生、いつもは刺激があるそうですが、今回は刺激0との感想。1:5混    合比率で混合時1剤のアルカリ剤の量も少なくなるので、アルカリによる刺激が軽減されるのもイチゴカラーの大きな特徴となります。同じ理由であのツンとくる臭いも軽減されます。

②イチゴカラーNB-6単品。こちらは1剤12g+2剤60gのワンタッチ塗布。

自然な6トーンでしっかり染まりました。シンプルなカラー剤と言えますね。

③こちらはちょっと応用編。少し明るく染めたいとのことで、(もちろん白髪もしっかり染まる)イチゴカラーNB-8にイチゴカラーライトナーをプラスします。

混合比率はNB-8を10g+ライトナー2g:2剤60gです。

④こちらは今流行りの(笑)イチゴカラーBK-1による白髪ぼかし。

このBK-1は5分すれば真っ黒けっけになるので、普通は色味調整に使う場合が多いのですが、チョー短時間で上げることで白髪ぼかしで活用されていますが、時間調整が大変。今回はうまくいくのでしょうか?

BK-1を2g:2剤10g⇒塗布に2~3分⇒放置3分・・・もう少し早く上げた方がよかったかも。まさに秒殺の白髪ぼかしですね。ご本人は大喜びでした。

⑤こちらの先生も応用編。明るくよりしっかり染めたいとのことで、NB-6を10g+ライトナー5g:2剤75g。おおっ、NB-7より色が濃く、染まりがいい仕上がりとなりました。

⑥そして、ラストはこれも応用編でライトナー+BK-1によるおしゃれ染め。

こちらの先生・・・カラーの繰り返しでダメージ毛。しかも、なかなか上げりきれない髪質でいつもブリーチをしています。とりあえず根元を2~3ミリあけて塗布。

時間をおいてもなかなか上がりません。BK-1は必要なかったか・・・

時間おいて全体塗布も考えましたが、ダメージを考え断念。乳化時になじませるだけにしました。やはり上がりきっていないですね・・・

と、いうことで6名の先生方に、同時進行での施術でした。

皆さん、手分けして施術していただきました。お疲れ様でした。

 

最後まで熱心に勉強いただきありがとうございました。

すでに何店かの先生にイチゴカラー注文いただきました。

 

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

0 コメント

アルファビューティーでイチゴカラー

お問い合わせからの臨店講習で、富山県下新川郡まで行ってきました。

金沢駅から各停で2時間。午後からの講習なのでのんびりローカル線の旅を楽しみながら移動。駅に着いてびっくり・・・何もない~

オーナーの末上先生に駅まで迎えに来てもらいました。

今のお客様により満足してもらうためと他の美容室との差別化に、アルファビューティーとイチゴカラーに興味を持ったとのこと。

しっかり、その良さをお伝えします。

●ホワイトボード用に作ったマグネットシートをテーブルの上に説明しながら並べることで使用可能と分かりました。

●アルファビューティー説明後に、これまたアナログの紙芝居形式のイチゴカラー説明。アナログがわかりやすい!


しっかり商品の内容を理解してもらってから、施術に入ります。

モデルさんはお客様で、今までも明るい白髪染めを希望されていたが、オーガニックカラーを勧めていたので、かなり工夫しての白髪染めをしていたそうです。


さぁ、アルファビューティー&イチゴカラーでの施術スタート。

 

まずは生成されたばかりのアルファ1(高電解アルカリ水)を塗布。

根元部分を軽くドライ後にイチゴカラーを塗布。今回はNB-7をチョイス。しっかり白髪部分を染めることを意識します。

1:5の混合比率ですので、1剤20g+2剤100gです。

●まずは根元部分を塗布。

混合時1剤が少ないので、アルカリの影響が少なくなることで、まったく臭わないし、刺激もないとモデルさんも嬉しそう・・

ビフォー

●根元塗布が済んで、さらに薬剤と足して中間から根元まで塗布します。

2剤に多く含まれるコンデショナーで粘度を調整しているので塗布しやすいのです。

●塗布を15分以内で行い、放置時間は30分。

チェック後に、アルファ2(高電解酸性水)で乳化していきます。面白いようにカラー剤がドロドロ流れていきます。

ここで毛髪を中性域に持っていきます。

乳化後にお流し⇒アルファ2を混ぜたシャンプー⇒さらにアルファ2で酸性に持っていきます。

アフター


通常は、流さないトリートメントをつけての仕上げですが、なしでも艶感が出ているとのことで、先生もびっくり。

モデルさんになったお客様も「いつもより軽いし、白髪もどこにあったかわからないですね。臭いがないというのも嬉しいです。先生、次回もこれを必ず使ってくださいね。」とお願いされていました。次回はさらに明るいNB-8で染めたいそうです。

●お客様の嬉しい声と、アルファビューティーとイチゴカラーの可能性を感じていただいた先生は即・両方とも導入を決定!作り方もしっかりお伝えします。

 

今のお客様に、さらに満足してもらうのと、他店との差別化を考えている先生にとって即・戦力になること間違いなしですね。

 

0 コメント

イチゴ代理店会議

2017年2月20日東京・原宿のミューズ原宿オフィスで全国イチゴカラー代理店会議が行われました。今回の講演は、なんと私、才木によるイチゴカラーの販売戦略 臨店講習の極意という題で話です。

集まった代理店さんもそれぞれの販売・臨店講習で頑張られている中、おこがましいとは思いましたが、少しでも参考になればと話しました。

まずは、㈱ミューズ研究所・代表取締役社長でイチゴカラー開発者の奥山社長による近況報告からスタート。続いて講演。同時進行で技術担当の立花氏によるイチゴカラーの実演です。



どのようにして、全国にイチゴカラーを広げていったのか?から始まり講習の時に使う紙芝居形式での「イチゴカラーとは?」「漫画チックなイチゴカラー開発の経緯」「イチゴカラー商品説明」「染毛メカニズム」「アルカリとジアミンの影響の数値化」「2剤が多いのでこわ~い?」「シンプル流通システム」などなど、実際臨店講習をしているかのように伝えました。

とくに、この紙芝居BOOKはデジタルの時代にアナログ方式は皆さん新鮮だったようで人気もんでした。

会議に参加した方のみに全面公開しました。これを参考に自分に合った紙芝居を作ってくださいね。

そして、同時進行で行ったイチゴカラー実演。スタッフの中村いちごさんがモデル。

イチゴカラーNB8+に、今回発表になったトリートメントカラーをのせての施術。

ビフォー

アフター イチゴカラーNB8+に新商品トリートメントカラー赤をのせています。


新製品発表

施術でも使われた新製品トリートメントカラー

これは、おしゃれ染めに類した商品。

HC染料と塩基性染料をベースに処方を変えることで、染まる仕組みになっています。実際よく染まりますね。

 

色味は、・青・マホガニーの3色。

使い方は、イチゴカラー後にダブルカラーなど、ここでは書きませんが、かなりいろんなパターンで使えますね。

 

さらに詳しい内容や使い方、発売日等は後日お伝えします。

これは、楽しみですね。

 

 

その他には、キャンペーンなど発表・質疑応答と続き無事代理店会議も修了。

かなり喋ったので、懇親会でのBEERがうまいこと、うまいこと。

 

トリートメントカラー新製品も登場でますますお客様に喜んでいただくラインナップとなる、イチゴカラーをこれからもよろしくお願いします!


0 コメント

イチゴカラー講習

兵庫県明石市のBEAMS西江井ヶ島店さんでのイチゴカラー講習。

 

まずはイチゴカラーのしっかりした説明。攻略BOOKに基づいて1:5の混合による染毛メカニズムを勉強します。


基本的にはノーマルの1:5混合のカラー剤をつくり、その染まり具合を見てもらうのですが、今回は希望もありいきなり!応用編。


イチゴカラーNB-8+イチゴカラーライトナー+アクセントカラーを組み合わせます。


ところが・・・白髪部分にはしっかり入っていますが、アクセントカラー(レッドバイオレット)が根元部分に強く出すぎたためにNB-7を使い修復。なんとか赤みを抑える事ができました。


やはり、基本の工程でイチゴカラーの色味を先にマスターしてからの応用がいいですね。

しかし、ライトナーやアクセントの反応はしっかり勉強できましたね(笑)

こちらも勉強になりました~(反省)

※修復に慌ててビフォーの画像がこれしかありません・・・


修復はありましたが、逆にイチゴカラーの特長を理解してもらい、なおかつモデルになった先生の「しみない・臭わない」の感想と仕上がり、ツヤ感に満足してもらいました。

さらに喜んでもらったのがこれ!


ご存知、エコdeポン!

もったいないの発想から生まれたエコ商品のチューブ絞り器。

特にイチゴカラーの場合5倍の2剤で混合するので活用大ですね。


BEAMS西江井ヶ島店さんでも私が出しているところを動画で取りフェィスブックで投稿されています。よかったら見てください。


修復はありましたが、納得もらえたようで一安心。お世話になりました。


0 コメント

イチゴカラー講習

イチゴカラー講習~神奈川早苗会さま

今年に入ってから講習依頼をいただいていた神奈川早苗会さんでのイチゴカラー講習

段取りいただいた川上先生本当にお世話になりました。


総勢25名の早苗会の先生方が集まり盛り上がった講習です。


今回はかねてから作成していた「イチゴカラー攻略BOOK」を使い(いつもの紙芝居のアナログ説明は会場が広すぎてムリ・・)イチゴカラーの染毛メカニズムの説明。

イチゴカラーとは何ぞや?がわかるとより良さがわかりますね。



モデルになっていただいた先生はお二人。

どちらも男性で短髪なので、それぞれNB-7とNB-8を使用。ワンタッチベタ塗りで塗布。

放置時間30分と非常にシンプルで簡単工程ですね。



イチゴカラーNB-8塗布

イチゴカラーNB-7塗布


放置時間を利用して「イチゴカラー攻略BOOK」のライトナー、Q&Aに進みます。

ココまで来ると、みなさん話が活発になりイチゴカラー応用編も興味深々~

白髪染めですがライトナーを使いこなすことでおしゃれ染めとしても活用できます。


放置時間が終わり、乳化~シャンプー。

そして、仕上げですが・・・さすがみなさんチェックがスゴイ!

でもでも、手触り、染まり具合、ツヤ感など「おおっ~」の声が。


そして仕上がりです。


わかりやすいように並べてみます。


●ビフォー

●アフター


NB-8塗布の先生です。しみや刺激もまったくなし!しっかり全体トーンが上がりしっかり染まっています。


次はNB-7塗布の先生。



●ビフォー

●アフター


染まりにくそうなしっかりした毛質ですが、がっちり染まっていますね。

これらの結果にみなさん、満足でした。


大変賑やかな講習でした。

あれから日にちが経ちますが、すでに何人かの先生にイチゴカラーご注文をいただいています。お世話になりました。


また、経営セミナーでお世話になっている冨澤先生もありがとうございました!!


0 コメント

イチゴカラーセミナーを開催します。

イチゴカラーセミナー開催のご案内

来る10月26日(月曜日)にイチゴカラーメーカー・ミューズ研究所(株)代表取締役社長でイチゴカラー開発者の奥山源一郎氏と同技術インストラクターの立花正雄氏によるイチゴカラー・セミナーを開催します。

開催日時:2015年10月26日(月曜日) 時間 14:00~17:00

会場:観光ホテル八千代

   長崎県諌早市天満町33-2 TEL 0957-22-0305

参加費:無料


奥山社長にはイチゴカラーの開発の経緯やさらに詳しい内容などを、インストイラクター立花氏にはカラーについての講義ならびイチゴカラー応用編を話してもらいます。
 質疑応答の時間もたっぷりとっていますので、ご質問や要望などはこの機会にどうぞ。


処方のプロのおもしろい話が聞けそうですね。

       イチゴカラー開発者 奥山源一郎氏の略歴&開発商品

        略歴

三重県出身。名古屋大学理学部 有機科学


1972年カネボウ化粧品研究所

    スキンケア・メークアップ製造・処方開発

1978年カネボウ・パリ研究所代表

1984年カネボウ・ニューヨーク部長駐在員

1991年ヘレンカーチスジャパン取締役研究

    開発本部長

1998年資生堂プロフェッショナル取締役研究

    開発本部長

2006年株式会社ヘレン代表取締役

2012年株式会社ミューズ研究所代表取締役

       開発商品

カネボウ

イレーヌシリーズ、エヴィータシリーズ、フローレス美白シリーズ等開発

ヘレンカーチス

シークエルカラー、ウェーブエッセンスパーマ、アピセラヘアケア、リジューブ育毛剤等開発

資生堂プロフェッショナル

ディアニストカラー、システムキュール等開発

株式会社ヘレン

ナチュレートシステム、育毛剤OEM、他



なお、イチゴカラー本社技術インストラクター立花氏には、全国各地のイチゴカラー講習での様々な事例やイチゴカラー応用や新しい情報をしっかり話してもらいます。

美容学校の講師もしている立花氏の話も非常に勉強になることでしょう。


カラーの話、ライトナー応用、BK-1応用、正しいカラーチャートの作り方なども予定に入っています。お楽しみに!

参加費はもちろん無料。勉強されたいスタッフさんもご一緒に参加されてください。

 セミナーのあとは、いつものお店で奥山社長、立花氏を交えての懇親会(会費制)をします。お忙しいとは思いますが、この機会にイチゴカラーの良さを再確認していただけると幸いです。


観光ホテル八千代 

諫早駅から歩いて5分くらいです。

すでに導入されているサロンさんやこれからイチゴカラー導入をご考えのサロンさんの参加もお待ちしております。


このようなセミナーを各地区で開催する予定です。


セミナー参加お申し込みは下記からどうぞ。

メモ: * は入力必須項目です


0 コメント

ご縁さんにご縁~イチゴカラー講習

この日のイチゴカラー講習は佐世保市の「ご縁」さんにご縁。

自宅兼店舗でオーナーのお母さんにイチゴカラー

この日のハケも極細ハケを使用。何度か講習で使いますが、やはり染まりがいいようです。

このハケに替えたサロンさんはお客さまが一発でわかるようです。ハケの先が頭皮に当たるときの感触が柔らかいんでしょうね。


イチゴカラーNB-6を新生部に塗布。10分放置後に中間~毛先。

通常は放置時間30分ですが、先生と別件で話しすぎて(時計見てのタイムチェックでした)放置時間40分。

しっかりきれいに染まりました。

 

Before Afterです。




しゃべっている間に、これだけしっかり染まり、先生もビックリ!

「いいじゃないすか~イチゴカラー。ここまで染まればいいですよ。」

と、即・導入決定!

 

今は新メニューとしてお客様に提案されていることでしょう。

 

もう一店舗のお店では、キュプリカが大活躍。

「トリートメントやカラーを重視しているところは絶対必要でしょう。今日もお客様に触ってもらいました。」

このキュプリカもサロンの必需品ですね。


0 コメント

8レベル以上で染まるイチゴカラー

昨日は、佐賀市の美容室SWeeTさんでのイチゴカラー講習でした。

もともとは冷凍アイロンでのお問い合わせでしたが、何回かお話するうちに

「イチゴカラーも気になんですよね~」ということで、イチゴカラー講習となりました。

モデルはオーナーの内野先生。まずはイチゴカラー1:5混合比によってどのような染毛メカニズムになるのかを

しっかり勉強。ここを抑えていくとイチゴカラーの特長がよくわかりますね。

 

途中からお友達の先生方も参加されて賑やかな講習となりました。


さて、モデルになった内野先生。

 

新生部5cmほどあり、白髪も10%くらいか?

もちろん、イチゴカラーNB-8を確認したいということで施術に入ります。

 

全体で120g(1剤20g+2剤100g)で新生部塗布後15分放置。中間から毛先に塗布15分放置

トータル30分放置です。

 

ハケは持ってきた極細ハケを使用します。

 

Before・Afterです。




LEVEL SCALEでチェックすると9レベル近くまで上がり、しかも白髪部分もしっかり染まり黒髪部分も均一に染まっています。

シャンプーしたスタッフさんも、シャンプー時の手触りが違ったとの感想。

イチゴカラーの特徴である明るくしっかり8レベル以上で染まることを皆さん、十分に納得いただきました。


もともと冷凍アイロンでの問い合わせでしたので、せっかくですので試してもらいました。

 


イチゴカラーNB-8塗布で9レベルで染まるイチゴカラー講習でした。


1 コメント

イチゴカラー講習 美容室Unzeloさま

先日の兵庫県たつの市の美容室Unzeloさんでのイチゴカラー講習の様子です。たつの市でもひときわお洒落なお店です。

 

まずは、アナログ説明書でしっかりイチゴカラーの説明。

今度のこの説明は、メーカー奥山社長のイチゴカラー開発のヒントや髪を傷める主因はアルカリ剤?過酸化水素?など今までにない内容で作り替えています。パッチテスト結果など画像でも見せています。

いつの日かご覧になれる先生方はお楽しみに!

ビフォーです。

モデルになったお客様と先生の希望でNB8+ライトナー+2剤で8レベル以上を目指します。

イチゴカラーNB-8・20g+ライトナー10g+2剤150g

塗布後に15分放置。この間も上がりにくい髪質のモデルさんの髪が上がっていきます。

先生も「うん、いつもとは違う!」と手応えを感じています。

15分後にラップを外して10分おきます。

チェックOK。

乳化後に、サンプル希望で取り寄せていただいていたアルファコンクシャンプーアルファミルクコンディショナーを使用。

シャンプーをすませたスタッフさんの感想

「シャンプーの時の手触りがツルツルです。髪が絡まるのがないです。イチゴの香りもいいです~」

このシャンプーとミルクコンディショナーはイチゴカラーに合いますね。

仕上がりです。

先生も「軽くトリートメントしただけなのに、この手触りと艶感はすごいですね。浮きやすい髪なのに8以上でしっかり染まっていますね。」とイチゴカラーの良さを実感。

 

さっそく、FBページで紹介されていました。

その文面です。ここまで、しっかりイチゴカラーを紹介されたらお客様もわかりやすいですね。さっそく多くのお客様からの反応があったようです。


トリートメントをしたかのような仕上がり‼
NEW白髪染め「イチゴカラー」☆

明るくキレイに染まる白髪染め「イチゴカラー」がunzeloにやってきました。
今まで白髪染めだから明るくできない、どうしても独特なゴワつき、ムラができてしまう、頭皮がかぶれたり浸みやすくストレスがあるなどあきらめていた方に必見!
イチゴカラーが全て解決してくれます!!

カラー剤の配合は通常、1剤と2剤が1対1の割合ですがイチゴカラーは1剤に対して2剤の割合が5、1対5「イチゴ」の割合なので、髪を明るくする力がUP!

それだけだと髪と頭皮のダメージが心配になりますが、特許取得済みの独自のアルカリ配合による「イチゴカラー」はかぶれの原因であるジアミンと、髪のダメージの原因であるアルカリの刺激をうすめて緩和してくれます。
なのに、肝心な白髪を染める色素はこの独自配合によりしっかりムラなくつややかに染まるのです。

白髪がすぐに気になって頻繁にカラーされる方は月に一度カラーすると10年で120回カラーすることになります。
刺激も少なく髪と頭皮に優しいイチゴカラーは10年後のお客様のキレイを保ってくれる安心あるnewカラーです!

明るくオシャレで安心なイチゴカラー。

unzeloで一度お試し下さい!!


今日は神奈川県綾瀬市でのイチゴカラー講習。

イチゴカラーがドンドン全国で広がっています。

さすが、2015年イチゴの年ですね。

 

この目で確かめたい方がいらっしゃれば、どうぞ講習依頼のメールをください!打ち合わせ後に臨店講習でお伺いします。


0 コメント

イチゴカラー講習~大分hair produce villaさま

お問い合わせからイチゴカラー臨店講習・・・このパターンが多くなりつつあります。本当にありがたいことです。

 

この日は、大分県大分市のhair produce villaさん

イチゴカラー説明と準備をしていたらスタッフさんがシャンプーに入りしっかりしたビフォー画像が・・・よくあることですがね。

なんとか写した1枚です。

白髪は一部分に少しあるくらいで、毛先にかけては多少のダメージ。

スタッフさんも初めての1:5混合時の1剤と2剤の量に驚き。

混合時に1剤が少なくても大丈夫。少ないアルカリでもたくさんの染料を発色させる処方でアンモニア以外に複数のアルカリ成分を上手く配合する事で一般的なカラー剤の1/3のアルカリ量で十分な発色を実現します。

使用薬剤はNB-8+。根元部分塗布後にラップして20分。

その後、残りを塗布毛先までコーミング。ラップを外して10分。

全体で30分の放置です。

タイム後にチェック。乳化⇒シャンプー⇒軽くトリートメント

シャンプー時のギシギシ感がまったくなかったそうです。

 

そして、仕上げ。

この艶感と仕上がりにオーナーも納得。毛先のダメージが気になっていたがまったく大丈夫ですね。との感想。とくに艶感は今までカラー剤では出ない艶で正直ビックリのようです。

アルカリの影響が少なることで、施術時のダメージが少なくなり、このツヤ感が出るのです。

ここがイチゴカラー魅力ですね。

翌日には即導入いただきました。

 

お問い合わせのときのメッセージの

「お客さまが30代から50代の方が多いのですが、明るすぎると白髪の染まりが悪く、プレピングをすると時間もかかってしまうので、しっかり白髪も染まってダメージも少なく色持ちの良いものを探しています。」

と言う内容はイチゴカラーですべて解決できますね。

色持ちもニトロ染料のような直接染料も入ってないので色の持ちも良く、褪色した時の変色などもほとんどありません。

 

イチゴカラーはダメージが少なく明るくしっかり染まり、かつ、しみない良いことづくめのカラー剤と言えるでしょう。


0 コメント

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

 

今年は2015年。15=イチゴ。そうイチゴカラーの年ととらえて

昨年以上にイチゴカラーの良さをお伝えしていきます。

 

さらに、イチゴカラー+アルファウォーターシステム=SAI♡KI PROJECT

と進化するシステムでサロン経営にお役に立てるように頑張りたいと思っています。


本年も宜しくお願い致します。


0 コメント

イチゴカラー基本講習~佐世保

昨日は、夜9時半スタートのイチゴカラー基本講習でした。

しかも、集合講習で多くの先生方に集まっていただき賑やかな時間でした。

 

イチゴカラーの話は福岡や大分の仲間からよく聞くそうですが、見るのは初めてと

期待いっぱいの真剣な眼差し(笑)

 

いつものイチゴカラー紙芝居でわかりやすく説明。

 

今回のモデルさんは、一般のご年配のお客様と、話を聞いてて体験したい!と

急遽モデルになっていただいた先生とお二人。

 

お二人共、既染部は暗くないので、それぞれNB-8とNB-6を時間差なしのワンタッチで塗布。

放置時間は基本の自然放置30分です。

 

まずはご年配のお客様のビフォー・アフターです。

後ろから写した画像は髪がくしゃくしゃですいません。

説明後にバタバタして慌てて写しました(笑)

しっかり染まっていますね。

 

次はNB-6で染めた先生のビフォー・アフターです。

臭いもほとんどなく、しみたりもしないで、ここまでがっちり染まることに

噂のイチゴカラーに納得されたようでした。

 

スタートが遅かったので、終わったのもかなり遅くなりましたが、皆さん熱心に勉強されました。本当に遅くまでお疲れ様でした。

 

ありがとうございました。

 


0 コメント

理容もイチゴカラー

少し前になりますが、アルファビューティーとイチゴカラーでお世話になっています佐賀の美容ディーラー株式会社安永さんの依頼でイチゴカラー講習でした。

 

長崎県佐世保市の全日本芸美会佐世保支部さんでの講習です。

 

理容においても白髪染めの悩みは美容と同じ・・・

この頃は真っ黒ではなく明るい白髪染めを希望されるお客さまが多くなっているそうです。

 

イチゴカラーをマスターいただくとお客様の希望を叶えることができるはずです。

やっぱり、美容と比べると薬剤の使用量が少ない・・・・

 

こちらの先生はNB-8をワンタッチで塗布。ほぼ均一に染まっていましたが少し染まりに甘いところが・・・考えられるのは塗布量かなと思います。

もともと明るく染められていたので、NB-8でトーンダウンになりました。

白髪部分はしっかりと染まっています。

理容業界もイチゴカラーで盛り上がるといいですね。

0 コメント